介護予防認知症対応型共同生活介護
認知症対応型共同生活介護

認知症高齢者グループホームとは家庭的でこじんまりとした生活空間で、少人数の認知症高齢者が継続的なグループを保ち、ケアを受けながら出来るだけ自立的な生活をするためのケア形態です。

小規模多機能型居宅介護とは、住み慣れた地域で、これまでの在宅生活を続けながら、自分らしく暮らしたいと考えておられている方のための、新しい介護保険制度の、地域密着型サービスのひとつです。

小規模多機能型居宅介護とは、住み慣れた地域で、これまでの在宅生活を続けながら、自分らしく暮らしたいと考えておられている方のための、新しい介護保険制度の、地域密着型サービスのひとつです。

新着情報

株式会社  ケアセンターはなみずき

25

JAN

株式会社 ケアセンターはなみずき

自立した生活が難しく介護を必要とする認知症高齢者が、少人数による家庭的環境で、人権と尊厳が守られる共同生活と介護の為の支援を行います。

 

当グループホームの趣旨である家庭的環境での共同生活支援施設として、掃除・食材の買出し・食事作りと後片付け・洗濯などの日常生活への自立支援、また菜園・花壇作りなどの援助、適宜のレクリエーション活動、ドライブ、その他季節ごとの催しを行います。

Facebookも随時更新しています.?ご覧ください.

29

JUN

2018 あじさい祭り

グループホームはなみずき西の家です。

6月29日はまるまつへ食事会に行き、ミニねぎとろ御膳セットを皆さんで召し上がりました。普段とはちょっと違った雰囲気もおつなものです。帰りには、村木沢の文殊堂に行き、あじさいを見学しました。まだ3分咲きほどでしたが、過ごしやすい気温と天気でした。

hanamizukinoie.com